2011.6.12  第32回保険医作品展&ファミリー展を開催

東日本大震災復興支援チャリティも同時に実施

 協会は今年で32回目となる保険医作品展&ファミリー展を、6月12日から県民会館ギャラリ-Aで開催しました。
 27医療機関64名から96点の作品が出展され、16日までの5日間におよそ500人の来場者がありました。 会場には、100号サイズの洋画から、臨場感あふれる写草色鮮やかな版画、情緒ある書、涼しげなガラス工芸などさまざまな作品が所狭しと並び、来場者の心を潤しました。
 また今回は「東日本大震災復興支援チャリティ」を行い、来場者に購入いただいた作品の代金は、大震災義援金として寄付しました。