2018.08.11 2018年夏 朗読劇上映と被爆者の講演のつどい

2018夏 朗読劇上映と被爆者の講演のつどい

たみちゃんの8月6日

お話しする人           西本 多美子さん(金沢市在住)


広島市出身。4歳の時広島で被爆。ご自身の体験だけでなく、多くの被爆証言を受け継ぎながら、石川県内にとどまらず国内外で講演や被爆証言を行うなど、被爆の実相を伝える活動を続けていらっしゃいます。

 

 

………「いったい何が起こったんじゃ」。2人がガレキの山を眺めて途方に暮れていると、下のお姉ちゃんが泣きながら帰ってきました。みると背中が血で真っ赤に染まっています。「おかあちゃん、助けて…」………

(朗読劇『たみちゃんの8月6日』から)

 

 被爆世代を引き継いで

富山県被爆者協議会会長
富山県被爆2世・3世の会会長   小島 貴雄さん

 昨年、被爆2世・3世の会が誕生しました。会長の小島さんは原爆投下直後の広島市に入った父親の壮絶な体験や平和への思いを、これからの若い世代に伝える橋渡しをすることが自分の使命と述べています。会発足後の活動についてお話しいただきます。

 

 

    日時: 8月11日(土・) 13:30~15:30 参加無料

    会場: タワー111 3階スカイホール  (富山市牛島新町5-5)

 <次第>
 ・イラスト付朗読劇の上映
 ・「たみちゃんの8月6日」(お話し:西本さん)
 ・「被爆世代を引き継いで」(お話し:小島さん)

※駐車場は、近隣のタワー111パーキングやコインパーキングのご利用が便利です
※会場の温度調整に配慮いたしますが、個人差がありますので各自で上着等ご用意ください

 

チラシはこちらからダウンロードください

お申込みは電話またはメール、FAXにて