書籍案内(新点数関連)

「正誤表」について

『点数表改定のポイント』や『点数早見表(診療所・病院)』、『新点数運用Q&A』など、保団連が発行する各テキストの「正誤表」は、下のリンク先にある各書籍の<正誤表>をクリックして下さい。

  保団連ホームページ http://hodanren.doc-net.or.jp/books/060221tensuu.html  

 
2018年7月下旬に発刊しました!

保険診療の手引

保団連が点数改定の年に発行する「オリジナルテキスト」
 
『保険診療の手引』は、医療保険の基礎知識から、カルテ記載の留意点、保険外徴収の取り扱い、診療報酬点数の解釈・算定方法、請求事務の実際、審査支払機関への対応など、保険診療に携わるうえで不可欠な事項を凝縮した唯一の総合手引書です。

「レセプト審査」や「個別指導」対策上も必携の1冊
 
診療報酬の取り扱いに関しては『医科点数表の解釈』に掲載されている難解な厚労省告示・通知を分かりやすい言葉づかいに改め、オリジナルの図表や一覧表を数多く掲載して具体的に解説しているのが本書の大きな特徴です。
 複雑な保険診療のルールを理解して、審査や指導に備えるためにも、診療科目を問わず全ての医療機関で活用いただきたい1冊です。

                        会員価格 4,000円

         お申込みは、電話、メールまたはFAXにて
 (お申し込み用紙はこちら) 

2018年8月下旬に発刊しました!

届出医療等の活用と留意点(2018~2019年度版)

厚生局による適時調査の対策にご活用ください
 本書は「届出医療」の留意点を解説するとともに、届出要件の適否の確認、届出後の日常管理に便利な「届出・日常管理チェック表」を掲載しているのが大きな特徴です。

 今回の改訂版では、厚労省が作成している「適時調査実施要領」にある“重点確認事項(適時調査において必ず確認することとされている項目)”にマークを入れるなど適時調査の対策にも活用できる編集が行われました。

                       会員価格 4,000円

   お申込みは、電話、メールまたはFAXにて 
(お申し込み用紙はこちら

2017年8月発刊

公費負担医療等の手引 

■複雑な請求方法をわかりやすく解説日常診療に必須の1冊
 本書は、現在実施されている公費負担医療の制度内容について、対象者や対象疾患、給付内容、患者一部負担金の有無、請求方法などを順序立てて解説し、診療現場ですぐに活用できることを目的に編集されています。
 特に、複雑でわかりにくい請求方法については、具体的な事例をあげて、レセプトの記載見本やオリジナルの図表・費用負担の区分が一目でわかるグラフなどを使って解説しています。
 また、本書独自の「50音別公費負担医療等適用疾患一覧」を収載しているのも大きな特長で、医療機関には必携の一冊です。
                                 

会員価格 3,000円

 申込みは、電話、メールまたはFAXで
(お申込み用紙はこちら

 2016年10月上旬発刊

在宅医療点数の手引

■複雑な「在宅医療」点数をわかりやすく具体的に解説! 
 在宅医療に関わる診療報酬は、対象となる患者や要件などが細かく規定されている他、ある点数項目を算定すると他の項目は算定できないなど、項目の組み合わせや適用が複雑になっています。

 本書は、このような在宅医療点数の難解なしくみをわかりやすく解説していますので、請求誤りや請求漏れを防ぐためにぜひご活用いただきたい1冊です。

     会員価格 3,000円

     お申込みは、電話、メールまたはFAXにて
              (お申し込み用紙はこちら