入会のおすすめ

 医師・歯科医師・医学者・医歯学生のみなさんへ

 今世界には26,000発の核兵器があります。これは全人類を何十回も殺りくすることができます。ひとたび核兵器が使用された場合、医師が無力であることを広島・長崎の被害から私たちは学ぶことができます。

 人間の生命(いのち)と健康を守る医師として、核戦争に反対することは社会的責務です。

 今、世界中の多くの人々が核兵器廃絶を求めています。地雷や、クラスター爆弾の禁止には市民運動の力が大きな役割を果しました。

 2020年までに核兵器を廃絶し、子どもたちとすべての命あるものに美しい地球をひきつぐことができるように、世界中の人々と手をつないで活動する「核兵器廃絶をめざす富山医師・医学者の会」に参加されることを心から呼びかけます。

          入会金 なし     年会費 5千円

入会ご希望の方は以下の事項をメールにてご連絡ください

  ・氏名・医療機関名・自宅住所・連絡用電話番号・資料送付先
          なお、ご不明な点があればご遠慮なくお問い合わせください。

核兵器廃絶をめざす富山医師・医学者の会
  〒930-0004 富山市桜橋通り6-13 フコク生命ビル11階(富山県保険医協会内)
                    TEL 076-442-8000   FAX 076-442-3033 

 

核兵器廃絶をめざす富山医師・医学者の会 会則

 第 1 条  本会は「核兵器廃絶をめざす富山医師・医学者の会」と称し、事務所を
      富山市内におく。

 第 2 条  本会は、人間の健康と生命を守る医師のヒューマニズムにもとづき、
      核兵器廃絶と核戦争防止のために、医師として可能な限り努力する。

 第 3 条  本会は、核兵器廃絶と核戦争の防止を願う、医師・歯科医師、医学者に
      よって構成する。 

 第 4 条  本会は、会の自主性を堅持し、他のいかなる団体にも拘束されない。

 第 5 条  本会は、第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。

    1 核兵器廃絶・核戦争防止のための世論を高める事業。
    2 核兵器完全禁止署名への協力。
    3 他都道府県の同趣旨の会との連携、「核戦争防止国際医師会議」(IPP
      NW)への協力。
    4 県内の被爆者及び被爆者団体との連携。
    5 講演会・映画会等必要と認められる事業。

 第 6 条  本会の事業すすめるため、若干名の世話人をおく。世話人代表は世話人
      会の互選とする。また、顧問をおくことができる。

 第 7 条  世話人及び顧問は、総会で選出する。

 第 8 条  世話人及び顧問の任期は2年とし、再任を妨げない。

 第 9 条  総会は、少なくとも2年に1回は開催する。

 第10条  本会は、年会費、寄付金によって運営される。年会費は5千円とする。

 第11条  本会則の変更は、総会で行う。

反核医師の会トップに戻る