2021.3.22 開業医のための雇用管理セミナー  ハイブリッド開催!    

4月実施 雇用ルールの改正内容と医療機関における対応策
~ 同一労働同一賃金、70歳までの就業機会確保にどう対処するか ~

 待遇の不合理な格差を禁止する「パートタイム・有期雇用労働法」が、2021年4月から全企業に適用されます。今後、パート職員などについて「不合理な待遇差」があれば適切な対応が求められます。本セミナーでは「同一労働・同一賃金」への対応のポイントや注意点を解説していきます。

 また、2021年4月から「70歳までの就業機会の確保」が「努力義務」になります。今回の改正は、定年延長等の継続雇用だけでなく、フリーランス契約、個人の起業支援等も選択肢として加えられました。将来的に「義務化」となる可能性もあり、対応について正しい理解と準備が必要です。

くわしくはこちらから

感染対策等費用の追加支援 厚労省が申請受付を開始
無床診療所は上限25万円、病院・有床診25万円+α、診療・検査医療機関100万円
                              (協会FAXニュース No.195/2021年2月5日発行 関連)

 厚生労働省は、2月3日付で「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金(支援金)」の申請方法等について、厚労省のHPで案内を開始しました。

協会FAXニュースはこちらから
※パスワードが必要です

厚労省HP(支援金の内容や申請書のダウンロード)はこちらから

 

「クイズで考える 私たちの医療」 ぜひご応募ください!

 医療・介護・年金・生活保護の分野で負担増と給付削減が推し進められようとしているなか、全国保険医団体連合会(保団連)は2018年に続き、より良い医療を求める世論を盛り上げるPRグッズ「クイズで考える私たちの医療」(クイズチラシ)を作成しました。
 クイズ全問にご回答いただいた方の中から抽選で景品が当たるキャンペーンです。
 医療問題を考えるきっかけになるクイズになっています。ぜひご応募ください。 応募はこちらから

感染に気をつけて、しっかり歯みがきを!! 『歯みがき啓蒙チラシ』のご案内

 感染防止に取り組みながら歯みがきをする際のポイントをまとめたチラシを作成しました。自由にダウンロードして活用することができます。

詳しくはこちらから